東北公益文科大学学生有志による地域活性化サークル

活動内容

山形デスティネーションキャンペーンを学生の力で盛り上げるため、学生自らがプロジェクトを企画立案し、JR酒田駅との企画会議を実行していきました。

 

(1)酒田駅おもてなしプロジェクト

酒田駅での送迎プロジェクト

 見知らぬ土地に初めて降り立った時、最初に目に入る光景が若者の笑顔と元気の良い挨拶であれば、きっと観光客の心を和ませ喜んでくれるのではないかと考えた企画で、酒田おもてなし隊活動の基本となるプロジェクトです。
 「よぐ来たのぉ庄内さ」や「まだ来いのぉ庄内さ」と書かれた横断幕を掲げながら歓迎の小旗を振り、酒田駅発着の特急「いなほ」やジョイフルトレイン「きらきらうえつ」、普通列車(一部)、ツアーバスなどを利用する観光客を笑顔でお出迎えやお見送りする活動を、6月14日の山形DCオープニングから継続して毎週土・日・休日に行いました。

31

インフォメーションコーナープロジェクト

 観光地や駅構内の案内をする役割を果たすことで観光客をサポートしたいという思いで始めたプロジェクトです。
 改札を出た観光客に「こんにちは」、「酒田へようこそ」、「庄内へようこそ」と若者らしく明るく挨拶して歓迎の意を表すとともに、酒田駅構内に設置した「酒田おもてなし隊」ブースにおいて、酒田市商工観光部観光振興課の協力によりご提供いただいた観光パンフレットを駆使しながら、学生自ら収集した見どころや地元の人気店、周遊ルート、移動手段など、地元ならではの視点を加味した観光案内を行いました。

25

(2)庄内スマイルプロジェクト

 学生が講義の合間に手分けをして庄内中にビデオカメラを持って出掛け、地域住民の方々のご協力により、約400人の笑顔あふれる心のこもったメッセージを収録しました。
 学生によって編集された映像は、DC期間中に酒田駅や鶴岡駅で上映され続けたほか、DC最終日にジョイフルトレイン「きらきらうえつ」の車内でも上映され、庄内を訪れる方を笑顔でお出迎えしました。

18

(3)庄内ギャラリープロジェクト

 酒田駅を庄内の美し景色のオーナメントで飾り付け、観光客を温かくお迎えするプロジェクトです。酒田市立第四中学校の生徒から庄内のおすすめの魅力ポイントをポストカードに書いてもらい、庄内の美しい風景写真と貼り合わせてラミネート加工を行い、オーナメントを作成しました。
 酒田駅の1番線ホームに吊り下げられたオーナメントにより空間ディスプレイを行い、山形デスティネーションキャンペーンで庄内を訪れた観光客に送迎の意を表すとともに、庄内の観光魅力を発信し続け、DC終了後の1231にちまで酒田駅に飾られることになりました。

19

(4)飛島より愛をこめてプロジェク

 酒田市沖には山形県唯一の離島「飛島」があり、日本の渡り鳥540種のうち270種も飛来するほか、透明度の高い海、多種多様な植物、海から望む鳥海山など風光明な魅力に溢れる観光エリアであす。
 夏休み中、飛島に滞在してその美しい風景を撮影し、編集した動画を酒田駅構内に設置した「酒田おもてなし隊」ブースにおいて上映し情報発信した。

43

(5)小学生と魅力発信プロジェクト

 酒田市升田地区で交流する小学生とともに升田の「魅力発信新聞」を作成し、酒田駅に貼り出して情報発信をしました。

酒田1

(6)わがまち魅力発信プロジェクト

 酒田市八幡地区出身の学生が自分が住む町の魅力をPRしたいとの思いに至り、八幡地区を自分の足で取材して「まち歩きマップ」を作成しました。DC最終週には酒田駅で観光客に配布し情報発信しました。

酒田3

(7)外国人おもてなし隊プロジェクト

 酒田おもてなし隊の活動の中から派生したプロジェクトチームです。外国人観光客が庄内を訪れた時の受け入れ体制整備に役立ちたいとの思いから、大学の英語サークルメンバーによる「外国人おもてなし隊」が誕生しました。
 まず第1弾として、庄内在住アメリカ人の協力を得て、外国人観光客を多数受け入れているあつみ温泉「萬国屋」をモデルに、外国人観光客がわからなくて困る日本語表記や日本独特のマナー、館内の利用方法などを実施確認して指摘を受ける形で現地調査を行いました。
 調査においてピックアップしたものを「外国人おもてなしマニュアル」として編集し、7月に完成しました。マスコミに取り上げられたこともあり、問い合わせを受けた宿泊施設や観光事業者等に資料を提供しました。
 現在は第2弾として、外国人観光客が旅行の合間に自国の料理も楽しんで息抜きができるような飲食店を紹介する新たな構想の実現に向け動き出しています。

酒田2

 

③学生企画「駅からハイキング」の実施

 2015年、初めてJR東日本主催「駅からハイキング」の企画と運営・実施に挑戦しました。機動的なチーム編成、地域への協力依頼、JR東日本新潟支社との連携、地域への歴史文化に関する知識の習得、案内の手法などを中心に全員参加で取り組みました。酒田の美味しいものを少しずつ試食して回るコースを考え、協力店舗を探し交渉しました。

駅ハイ!_6900

リンク

Facebookページ

PAGETOP
Copyright © 酒田おもてなし隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.