5月28日(火)、東北公益文科大学の学生らで組織する観光ボランティア団体「酒田おもてなし隊」が、国際ソロプチミスト酒田(SI酒田)の支援で活動する「 Σ(シグマ) ソサエティ」と認証され、 同大のファカルティ(3階)にて、 その認証式が行われました。

 認証式には、酒田おもてなし隊のメンバーをはじめ顧問の小野敦特任講師が出席しました。今年度、22名の新会員が入会し、国際ソロプチミスト酒田 林久子会長から、温かい励ましのお言葉をいただき、酒田おもてなし隊に助成金が贈呈されました。
会長に就任した原田翔晟さん(公益学科3年)が謝辞を述べ、今後の一層の充実した活動を誓いました。

 今年度の主な活動予定

  • JR東日本社 学生企画「駅からハイキング」2本実施
  • 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン に向けての活動
  • 大学イベントへの参加(学会や来賓来客時のエクスカーションなど)
  • 鳥海山・飛島ジオパーク関連事業への協力
  • 地域情報発信サイト「まいぷれ酒田」の運営
  • その他

※国際ソロプチミストはアメリカで設立された人権と女性の地位を高める奉仕活動を行なう団体です。「シグマソサエティ」とは、奉仕の志を持つ青少年に活動の場を提供し、将来の良き市民、指導者としての能力を伸ばす機会を与えるために大学生等の学生対象に結成される組織で認証を受けた「シグマソサエティ」は、この団体からスポンサーされます。